So-net無料ブログ作成
検索選択
資格試験 ブログトップ

負のオーラが出てます [資格試験]

勉強が滞っているときの試験ネタは、泣き言や言い訳ばかりになり精神衛生上よくない。

行政書士のテキストは、まだ1/3しか読んでない。なんとか今月中には読み終わりたい。
今週末は、地籍主任調査員の検定なので 、会場までの往復の時間を勉強にあてるつもり。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問演習の繰り返しに [資格試験]

択一問題には、自作の回答用紙を使っています。
過去問やテキストにマーカーを入れたり書き込みをするのではなく、気になったことや重要な事はノートにまとめてますので、私のテキストや過去問集はとてもきれいです。
択一回答用紙.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

試験勉強のための場所 [資格試験]

自宅に勉強のためのスペースを確保することが難しい人は、公共の施設を積極的に利用しましょう。
区内・市内の公共施設から学習室を探してください。
何かしらの施設が用意されているはずです。
休日や試験直前の時期には、積極的に利用して合格を勝ち取りましょう。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

勉強脳を眠らせるな [資格試験]

国家試験は、大半が年に1回の開催となっています。
試験の後、結果発表までは1か月から2か月ほど、その間は試験勉強から解放され,勉強中は控えていた居酒屋や、家族サービスに時間を割り振ることになるでしょう。

そうして、合格発表の日を迎えます。

合格⇒おめでとうございます。あなたの苦労は報われました!


残念にも、合格の通知が届かなかった人は、試験を諦めるのか・再度チャレンジするかの決断です。

来年の試験にむけて、再チャレンジをすると決めた人にとっても、10か月後の試験日にむけての勉強はすぐには始められません。
学習の予定表を作り、重い腰をあげていざ勉強を始めても、勉強から解放されてしまったあなたの脳には届きません。

そう、あなたの勉強脳は眠ってしまったのです。

勉強脳を眠らせないためには、勉強の継続しかありません。

そこで提案。

1、試験勉強の学習期間を6か月で区切る

2、年間2個の資格取得を目指す

不動産関係の資格試験では、試験科目が重複しています
(試験ごとに同じ科目でも出題の傾向は異なっていますが)
・民法
・不動産登記法
・区分所有法
・行政法   

試験科目、試験時期、試験の難易度、本命の資格などを考慮して計画を組むことにより、2年間で3個~4個の資格取得も可能です。

これは、資格マニアを目指せと言っているのではなく、本命の資格に効率的に合格するための方法です。
その結果として、マルチライセンス保持者として、実務のうえでもメリットになります。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

2016年1月 ブログ開設 [資格試験]

不動産鑑定士試験・行政書士試験にチャレンジすることにしました。
2016年 不動産鑑定士短答式・行政書士 2017年 論文式の合格を目標に!

まずは、不動産鑑定士のテキスト・過去問題集を準備


鑑定評価基準.jpg鑑定理論の知識.jpg行政法規テキスト.jpg鑑定理論過去問.jpg行政法規過去問上.jpg行政法規過去問下.jpg
タグ:資格試験
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
資格試験 ブログトップ